スピカ旅行社

2021/12/03
By: スピカ旅行社 門脇
0件のコメント

【1軒目】月山トラヤワイナリーさんへ

こんにちは!門脇です。

皆さんの応援もあって迎えることができたスピカ旅行社10周年。

その節目に、モッキリなみなみで楽しむ一升瓶ワインの魅力を

もっと皆さんにお届けしたいと思い、

地元で愛されている一升瓶を探すべく山形へワイナリーツアーに向かいました。

新しいことに遭遇するのはやっぱりワクワクしますね。

その気持ちを皆さんにもお裾分けできたらと思います。

1軒目は【月山トラヤワイナリー】さんへ。
秋田からクルマで数時間…
紅葉に染まる山々を抜け、田んぼよりも葡萄畑が増えてきたなぁ…と思っていたら
素敵な古民家のような建物を発見。

看板にも惹かれます。

店内にはワインがずらり!

実を言うと私、この旅に出るまであまりワインが飲めなかったんです。

でも、【月山トラヤワイナリー】さんで試飲させて頂いたワインが美味しくてびっくり!

香りは甘ーい葡萄ですが、飲むとキレがあって爽やか!
特にロゼは赤白ワインを混ぜて作るのではなく
赤ワインを作る過程で醸しの時間を早めに終わらせることで
淡く色づいたロゼに仕上げるそうです。

一気に山形ワインの虜に…恐るべし地元に愛され続けるワイン…!

こちらのロゼも仕入れたので
お店で皆さんに召し上がって頂けるのが楽しみです。

月山は水が美味しいのでワインの他、日本酒やビールを作る醸造所もあるんだとか。

ということで、ワインはもちろん近所の【道の駅にしかわ】でしっかり月山ビールもお土産に購入しました。

同行者の小玉さん、ワイナリーの店員さんと

オリジナルキャラクター•トラちゃんのお話でも盛り上がりました。

名前が月山トラヤワイナリーなのでトラちゃん。

(その後向かう数軒のワイナリーさんでトレードマークであるたくさんの動物たちに出会うことを

この時私たちはまだ知りません…)

コロナ禍で工場見学などが制限されている中での訪問でしたが

親切にたくさん教えて下さったトラヤワイナリーの店員さんに感謝です!

それではまた次回。

*続く*

《日本ワインと国産ワインの呼び方の違い》

国産葡萄を100%を使い
国内製造されたワインは「日本ワイン」と呼ばれています。
ちなみに海外から輸入した葡萄(果汁)を使い
国内製造されたワインは「国産ワイン」です。

今回のツアーでは地元の葡萄で作られた日本ワインをご紹介しています。

ページのトップへ戻る