スピカ旅行社

秋田市中通5-4-18 TEL:018-874-8851
ネットでのご予約はこちらから

本の旅〜冬の京都編〜3日目

| 0件のコメント

 

今日は夜行バスに乗って京都を出発する日。

 

巨大な大学構内で迷子になったり、

古本屋の店先の箱を物色したり、

喫茶店で本好きな方とお話ししたり…

 

ありがとう京都。

もう思い残すこともあるまい…

 

…と一瞬思ったのですが、

実はまだこの旅中に2冊しか交換できてない!

あれだけハードルを高く設定したのにナニコレ!

ブログの内容に差し障る!

 

 

……ということで。

3日目の今日は京都駅の旅行者らしき方々に声をかけることに。

hon-kyoto4

私はおみやげの紙袋と本を持って

夜行バスを待つ人々に突撃を試みました。

この機会を逃すと明日はただひたすら鈍行で移動なので

やるしかない。いま、ここで!

 

昨日交換できた事でちょっと自信がついた私は

勇気を振り絞って旅行者らしき方々に話しかけてみました。

ですが「本買ったばかりでまだ読んでないんですよ〜」

という方々が多い…

 

 

諦めずに4人目の女性に声をかけたところ、

ちょうど読み終わった本がスーツケースにあるそう。

 

さらに「どんな本があるんですか?」と興味を持ってくれた様子!

 

女性「女性の作家さんとかあります?

読み終わった江國香織さんの本があるんですけど…」

私「女性の作家さん…あ、山田詠美さんはどうですか?」

女性「あ、名前は知ってたけど読んだ事なかったので

いいですね〜」

hon-kyoto15

やった!!!

 

「色彩の息子」

「薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木 」と交換できました!

 

今回はちゃんと忘れずに写真も撮れました。

 

今まで自分だったら手に取らなかったような

ジャンルや作家さんの本にチャレンジする

きっかけになるのはいいかも。

 

スピカでの本の交換会でも試してみたいテーマです。

 

 

 

さて、こうして京都駅八条口での交換も無事に終わり。

いよいよ夜行バスで新宿に向かいます。

 

新宿からは電車内での交換になるので

人見知りのhiの字もないくらいのスマートさが要求されます。

hon-kyoto12

 

ちょっと本が入れ替わったバッグと

おみやげのパツンパツンな袋を持って、

私は京都を旅立ちました。

 

 

京都のみなさん、どうもありがとうございました!

 

(次回で一応最終日なんですがちゃんとまとまるのか…?!)

 

 

4日目に続く

 

コメントを残す

必須欄は * がついています


ページのトップへ戻る