スピカ旅行社

秋田市中通5-4-18 TEL:018-874-8851
ネットでのご予約はこちらから

本の旅〜冬の京都編〜4日目(終)

| 0件のコメント

 

その日、1通のメールが届いた…

北海道にグルマン旅行に行っているオーナーからである。

ジンギスカン、海鮮丼、六花亭のバターサンドなど

おいしいものを食べ尽くしてる旅なんだろう。

クッ!羨ましい!!と思っていたら

 

『ヒコーキ運休。帰れない。』

 

∑(゚ロ゚)

 

 

…そう、旅の最終日であるこの日、日本列島は暴風雪。

さらに北東北と北海道には直撃だったため

交通網は運休が相次ぎました。

 

しかし風にも負けず雪にも負けず。

最後の本の交換をしてきました!!

そして私はちゃんと秋田に帰れるのか?!

 

 

 

京都を発ち、新宿からはひたすら鈍行列車で秋田に帰る…

というのが今日の計画。

途中待ち時間のあった宇都宮駅で

本の交換しませんか?」とチャレンジ。

 

旅行者らしき女性に声をお掛けしたところ

いいですよ〜、と快く協力していただけました!

 

女性「秋田から?あっち雪すごいんでしょ?」

私「私の実家の方では毎年2メートルくらい積もって

1階が封鎖されます」

 

だんだん交換そっちのけでご当地トークになってきた。

話題を振ろうとする私。

 

私「このへんでおいしい餃子のお店はありますか?」

女性「あ、私茨城からなんですよ」

∑(゚ロ゚)茨城の人だった!!

 

ともあれ、スムーズに女性と交換成功!

なんて幸先の良いスタートなんでしょう。

 

これから宇都宮を発つという女性は

ちょうど本を買おうかと思っていたそうで、

「深夜特急」「池上彰のそうだったのか!アメリカ」

を交換してもらいました。

 

茨城の方、ありがとうございました!

 

 

〜さらに北上して東北へ〜

hon-kyoto14

ヒェー!

福島から山形に入ったとたん雪が降り始めました。

やっぱり日本海側は違うぜ…!

 

と、ここで冒頭でのオーナー飛行機運休情報が…

 

『電車も、湯沢から秋田行きが運休してるらしいから

泊まるなら早めに宿をとりなさい』

 

何!?

 

電車は大丈夫だろうと油断していました。

 

たしかに米沢に着いたころには大雪&風。

米沢駅は地元の高校生で大混雑。

どうやらすでに何本か運休してしまったらしい…

 

しかし。せっかくなのでここでも交換にチャレンジ。

 

駅の待合室で大学生の方に声をかけてみました。

(以下 大学生Bさん)

 

私「この中で読みたい本、ありませんか?」

Bさん「うーんと…ピッピとコレでお願いします」

私「ありがとうございます!」

Bさん「あの、今3冊持ってて、

渡せるのはこの2冊なんだけど大丈夫?」

__

お〜!レポートの組み立て方!大学生らしいなぁ。

私も文章の構成を勉強していこう…

 

この後、電車が来るまで好きな本についてや

どんな本に興味があるのかなどをお話しできました。

お話し好きな方でよかったです。ありがとうございました!

 

 

hon-kyoto16

さて、ここまで10冊中6冊の本の交換に成功。 

半分以上ラインアップが変わった!

 

今回の本の交換で学んだことは

自分だったら手に取らない本と出会うのはスリルがあるし、

見解が広がるいい機会にもなるということ。

 

また、つねに自分が学ぼうという姿勢であれば

何からも学べるということです。

それが1冊の偶然手に取った本だとしても。

 

もちろん、人見知りは少し改善されたと思いますよ!

ハードな環境は人を作りますね!!(なんか違う)

 

 

さて、そろそろこの本の旅も終わり。

センチメンタルな気分になっていたら

 

新庄→院内(秋田) 運休

 

 

…もうちょっと終わらないかもしれません。

コメントを残す

必須欄は * がついています


ページのトップへ戻る