スピカ星だより

計画的に街にお店を増やし・繋げ
歩いて楽しい街にする!
飲食店・NPOを運営し活動しています。

旅のしおり〜フィンランド編〜

| コメントなし

カテゴリー: スピカ旅行社 | タグ: , , | 固定URL

✈️2020年の8月から2021年の10月までの
コース「星めぐりツアー」の
お土産でお渡ししていた
スピカオリジナル書き下ろし
「旅のしおり」をご紹介します✈️

2020年の10月の旅先は
「フィンランド」の旅へ出かけました。
スピカは元々北欧アンティークのお店から始まったので
テーブルウエアを選ぶのも楽しい月でした。


こちらはフィンランドの隣国スウェーデンへ
以前旅したスタッフのお土産の冊子ですが…
船の上で山盛りのザリガニを食べたそうですよ!

そして一際想いの詰まった、旅のしおりはこちら!

北欧フィンランドは国土の65%が森、
10%が川や湖という「森と湖の国」。
夏はうす明るいまま日が暮れない白夜、
冬のオーロラなど大自然が身近に感じられる国です。

お隣のスウェーデンとは
食文化や様々な点で影響し合っています。
コーヒー消費量世界一の座を争うのは
毎年北欧諸国。
フィンランドもいつも上位です。
Fika(フィーカ)とはスウェーデン語でコーヒーブレイクのこと。
シナモンロールをおともにほっとひと息。

毎年夏にはザリガニ解禁!
エビみたいな味の風物詩。
食べる時、ハーブ「ディル」は欠かせません。

建築家アルヴァ・アアルトなど
多くの世界的デザイナーを生み出しました。

北国の長い冬を快適に過ごすため
お家の中を素敵に楽しく整える文化ができていったんですね。
カラフルなデザインの「マリメッコ」もフィンランド生まれ!

「カレリアンピーラッカ」はおかゆを包んだ伝統的なパイ。
フィンランド料理は豊かな自然に育まれた食材で作られる素朴で優しい味です。
タラやサーモンなどの魚、ベリーやきのこなどなど…
~~~~~~~~~~
次回は2020年の11月は山のバスク地方編へ。

著者: 小玉

スピカ旅行社の主にキッチンとデザイン担当。
かつNPO法人リコリスの理事。
ステキなデザインのものに惹かれ、自らも生み出したいと思っています!
タイポグラフィ・のらもじにときめく。
ビール好き。切手・手ぬぐい収集癖。

コメントを残す

* :入力が必須な項目です。


ページのトップへ戻る