スピカ星だより

計画的に街にお店を増やし・繋げ
歩いて楽しい街にする!
飲食店・NPOを運営し活動しています。

晴天の広小路バザール

| コメントなし

カテゴリー: NPO法人リコリス | タグ: | 固定URL

7月3日日曜日に秋田市広小路で開催された

「広小路バザール」。

30度を超える真夏のような暑さでしたが

いつもの通りとは様子が違い、

たくさんの人たちが買い物や食事を楽しんでいました。

場所はアトリオンから木内百貨店まで。
キッチンカーやテントのお店など60店舗以上が参加したそうです。
ミルハスからの眺め。


ところで、この広小路での歩行者天国が初めて行われたのは

1970年11月3日のことでした。

開催翌日の1970年11月4日の秋田魁新報の記事

日本国内で初の歩行者天国の開催は

1970年の8月、東京都の銀座・新宿・池袋・浅草の

4地区だったといわれています。

そのおよそ3ヶ月後に秋田市で開催されたことを考えると

地方都市としては国内でもかなり早い段階での

取り組みだったのではないでしょうか。

1日だけの開催でしたが、

この風景のようなにぎわいが

当たり前に街の日常になるようにしていきたいですね!


著者: 門脇

スピカ旅行社のドリンクとフロア、 NPO法人リコリスの理事をしています。 好きなものはイラストやインテリアデザイン、民芸品。

コメントを残す

* :入力が必須な項目です。


ページのトップへ戻る